行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政不服審査法改正@

<<   作成日時 : 2016/06/19 01:33   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1





最近の話題に「イギリスが欧州連合(EU)からの離脱するのではないか」ということを聞きます。離脱か残留かを問う国民投票を23日に控えています。

日本時間24日には大勢が判明する見通しです。世論調査通りに離脱派が勝利した場合、世界経済はリーマン・ショックを超えるリスクに直面するのではないかとも言われています。日本でも、日経平均株価の暴落や1ドル90円台の円高が予想されます。

アベノミクスにより株高・円安になりました。ただ、実体経済に合った水準とは言えず、官制相場で作り上げられてきたものです。適正な株価・為替相場で自然と落ち着くと思っています。

---------------------------------------------------





さて、今日は行政不服審査法からの問題です。2014年に抜本的改正がなされました。


行政不服審査法に基づく審査請求に対する裁決に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1. 処分についての審査請求が法定の期間経過後にされたものであるとき、その他不適法であるとき、または審査請求に理由がないときは、審査庁は、裁決で当該審査請求を却下する。

2. 不作為についての審査請求に理由があるときは、審査庁は、当該不作為庁に対しすみやかに申請を認める処分をすべき旨を命ずるとともに、裁決で、その旨を宣言する。

3. 処分についての審査請求に理由があり、審査庁が裁決で当該処分の変更を命ずる ことができる場合において、公の利益に著しい障害が生じることを防ぐため必要があると認めるときは、審査庁は、審査請求人の不利益に処分の変更を命ずることもできる。

4. 事実上の行為についての審査請求に理由がある場合、上級行政庁である審査庁は裁決で、当該事実上の行為が違法又は不当である旨を宣言するとともに、当該処分庁に対し、当該事実上の行為の全部若しくは一部を撤廃し、又はこれを変更すべき旨を命ずることができる。

5. 処分についての審査請求の裁決には、行政事件訴訟法の定める事情判決と同様の事情裁決の制度があるが、事情裁決が行われるのは、処分が違法である場合に限られ、処分が不当である場合には行われない。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


画像

*てんとう虫がいます。子供と散歩していた時に見つけました。子供は興味深くみてました。





解答:4

1.誤り。

処分についての審査請求が理由がない場合には、審査庁は、裁決で、当該審査請求を棄却する。却下ではない。


2.誤り。

不作為についての審査請求に理由がある場合、上級行政庁である審査庁は、裁決で 当該不作為が違法又は不当である旨を宣言し、当該不作為庁に対し、当該処分をすべき旨を命ずることができる。申請を認める処分をすべき旨ではない。


3.誤り。

 審査庁は、審査請求人の不利益に当該処分を変更することはできない。



4.正しい。

 事実上の行為についての審査請求に理由がある場合、上級行政庁である審査庁は、裁決で、当該事実上の行為が違法又は不当である旨を宣言し、当該処分庁に対し、当該事実上の行為の全部もしくは一部を撤廃し、又はこれを変更すべき旨を命ずることができる。


5.誤り。

審査請求に係る処分が違法又は不当ではあるが、これを取り消し、又は撤廃することにより公の利益に著しい障害を生ずる場合において、審査請求人の受ける損害の程度、その損害の賠償又は防止の程度及び方法その他一切の事情を考慮した上、処分を取り消し、又は撤廃することが公共の福祉に適合しないと認めるときは、審査庁は、裁決で、当該審査請求を棄却することができる。この場合には、審査庁は、裁決の主文で、当該処分が違法又は不当であることを宣言しなければならない。このように、事情裁決は、処分が「不当」な場合にも行われることがある。



************ 行政不服審査法 改定  ************

第1条(目的)
この法律は、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立て をすることができるための制度を定めることにより、国民の権利利益の救済を図るとともに、
行政の適正な運営を確保することを目的とする。


>※ 赤文字は、法改正により変更があった部分。

                               




トップページへ戻る


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


にほんブログ村


行政書士ランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最新記事、読ませていただきました。行政不服審査法は法改正があるので、要注意ですね。
YUAN
2016/06/19 13:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
◇おすすめサイト
-------------------
らでぃっしゅぼーやのおためしセット
-------------------



-------------------
[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
-------------------





行政書士ランキング


宅地建物取引主任者ランキング
行政不服審査法改正@ 行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる