行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政不服審査法改正A

<<   作成日時 : 2016/06/26 10:40   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 EUからの離脱の賛否を問う英国民投票で、離脱派が勝利しました。株式市場はパニック状態になり、米国や欧州、アジアの各市場で株価が急落。日本でも、東京株式市場は1,000円を超える下げ幅となりました。

 政府は、年金を株式運用しています。その比率を上げたことが日本の株価上昇要因の一つになりました。ただ、株式市場が好調な時はいいですが、逆に金融不安が起きると、リスクが年金を直撃するようになります。世界的な株安による影響で、平成27年度は約5兆円という巨額の損失を出したと観られています。
 今回の金融不安で私達の年金が兆円単位で吹き飛んでしまう恐れがあります。

□平成28年度行政書士試験実施スケジュールについて(予定)が、行政書士試験研究センターより公表されています。
詳細は当センターHPをご覧ください。
 
 
---------------------------------------------------------------------

さて、今日は引き続き行政不服審査法からの問題です。2014年に抜本的改正がなされました。


問題 処分についての審査請求に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1  審査請求の審理は、書面によるのが原則であるが、申立人の申立てがあった場合には、審理員は、申立人に口頭で意見を述べる機会を与えなければならない。

2  審査請求は、行政の適正な運営を確保することを目的とするため、一般概括主義がとられており、国会および裁判所が行う処分以外には、適用除外とされている処分はない。

3  審査請求は、行政の適正な運営を確保することを目的とするため、対象となる処分に利害関係を有さない者であっても、審査請求ができる期間であれば、これを行うことができる。

4  審査請求は、簡易迅速に国民の権利利益の救済を図るための制度であるから、審査請求が行われた場合には、処分の効力は、裁決が行われるまで停止する。

5  審査請求は、簡易迅速に国民の権利利益の救済を図るための制度であるから、審査請求に対する審査庁の判断が一定期間内に示されない場合、審査請求が審査庁によって認容されたとみなされる。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
画像











*総務省 改正行政不服審査法リーフレットより抜粋
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


解答: 1

1.正しい

行政不服審査法31条1項
審査請求人又は参加人の申立てがあった場合には、審理員は、当該申立てをした者(以下この条及び第41条第2項第2号において「申立人」という。)に口頭で 審査請求に係る事件に関する意見を述べる機会を与えなければならない。 ただし、当該申立人の所在その他の事情により当該意見を述べる機会を与える ことが困難であると認められる場合には、この限りではない。


2.誤り

国会および裁判所が行う処分以外にも、教育等の目的を達成するために行われる 処分や学識技能に関する 試験又は検定の結果についての処分等についても適用除外 とされている。

3.誤り

審査請求をすることができる者は、当該処分につき、法律上の利害関係を有する者のことをいう。


4.誤り
審査請求は、処分の効力、処分の執行又は手続の続行を妨げません。執行不停止の原則。  


5.誤り

行政不服審査法にこのような規定はありません。


 行政不服審査法 改定内容 
○審理員による審理手続・第三者機関への諮問手続の導入

○不服申立ての手続を「審査請求」に一元化
  ・「異議申立て」手続は廃止し、手続保障の水準が向上

○審査請求をすることができる期間(審査請求期間)を3か月に延長(現行60日) など

**************************************************************



メルマガの部数が50部を達成しました。皆様のおかげです。
今後ともよろしくお願いいたします。
  2016/06/18



ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!




皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ



-------------------------------------------------------
メルマガ登録フォームへのリンク
***アドレスはこちらに伝わりません***

  http://www.mag2.com/m/0001670076.html
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

トップページの左側に登録フォームがあり、そちらからもできます。
よろしくお願いします。
もし、届かないという方は、迷惑メールとして受信されているかもしれません。
迷惑メールの解除をお願いします。
---------------------------------------------------








古いパソコンの処分等でお困りの方がいらっしゃれば、こちらの利用をお勧めします。
 私はいつも利用しています。












                              




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。読ませていただきました。今回の問題は、「落としてはならない問題」と思います。今、頸椎が痛くて仕方ないですが、頑張ります。
YUAN
2016/06/26 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
◇おすすめサイト
-------------------
らでぃっしゅぼーやのおためしセット
-------------------



-------------------
[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
-------------------





行政書士ランキング


宅地建物取引主任者ランキング
行政不服審査法改正A 行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる