制限行為能力

こんにちは。暑い日が続いています。真夏ですね。蝉の鳴き声を聞いていると、なぜか受験勉強をしていた高校時代を思い出します。

さて、パソコンの方はどうやらHDDが悪いみたいです。リカバリディスクはというと、どうやらそのHDDの中にあるみたいです!

HDDが壊れているため、リカバリもできません。リカバリディスクは有償でありますが、HDDを交換しないといけないそうです。

メーカーへ修理を出すと、時間も費用もかかりそうです。

自分でHDDとwindows10を購入し、リカバリするのが良さそうです。


説明書にはユーザー自身で作成するようになっていますが、こういうケースで困るユーザーもいるはずだから、販売時にリカバリディスクを付けていただきたいものです。



『行政書士』になるなら

法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


問1)成年被後見人の法律行為について、成年後見人は、これを取り消し、または追認することができるが、成年被後見人は、事理弁識能力を欠く常況にあるため、後見開始の審判が取り消されない限り、これを取り消し、または追認することはできない。


問2) 後見開始の審判を受ける前の法律行為については、制限行為能力を理由として当該法律行為を取り消すことはできないが、その者が当該法律行為の時に意思能力を有しないときは、意思能力の不存在を立証して当該法律行為の無効を主張することができる。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


解1)×  解2)○



LECオンラインショップ(E学習センター)はこちら


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ



企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバーヘテムル











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック