行政書士試験 *物権





もうすぐ、自動車保険が満期を迎えます。今年はインズウェブ「自動車保険一括見積もりサービス」というサービスを利用しました。

「自動車保険の見直し」に必須のサービスとのこと。もちろん無料でできます。

インズウェブでは最短5分で、最大21社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。分からない用語をクリックすると、その説明文が画面に表示されます。


一括見積もりで簡単に安い保険会社を見つけられ、家計の節約ができます。

私の場合、前年と比較し、5千円安くすることができました。

この5千円で、書籍を購入しようと思っています。感謝。







さて、今日の問題は、物権からです。


問)甲土地を所有するAは、甲土地に隣接するB所有の乙土地を通行している。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。

1. 甲土地が乙土地に囲まれて公道に通じていない場合、AがBに対して囲繞地通行権* を主張するためには、Aは甲土地の所有権の登記を具備していなければならない。

2. 甲土地と乙土地は元々一筆の土地であったが、分筆によって他の土地に囲まれて公道に通じていない甲土地が生じ、これによりAが乙土地に対する無償の囲繞地通行権を有するに至った場合において、その後に乙土地がCに売却されたとしても、Aは当然にCに対してこの通行権を主張することができる。

3. AがBとの間の賃貸借契約に基づいて乙土地を通行している場合において、その後に甲土地がCに売却されたときは、これによりCも当然に乙土地を通行することができる。

4. Aは、少なくとも20年にわたって、自己のためにする意思をもって、平穏、かつ、公然と乙土地の一部を通行していれば、A自らが通路を開設していなくても、乙土地上に通行地役権を時効取得することができる。

5. Aが地役権に基づいて乙土地の一部を継続的に通路として使用している場合において、その後にCが通路の存在を認識しながら、または認識可能であるにもかかわらず認識しないでBから乙土地を承継取得したときは、Cは背信的悪意者にあたるので、Aの地役権設定登記がなされていなくても、AはCに対して通行地役権を主張することができる。

(注)* 囲繞地通行権とは、民法210条1項に規定されている「他の土地に囲まれて公道に通じていない土地」の通行権のことをいう。

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編 (出る順行政書士シリーズ)

新品価格
¥2,376から
(2017/3/25 16:32時点)




皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ




******************************************************


解)2

1.妥当でない。

甲地の所有者は所有権取得の登記なくして囲繞地通行権を主張することができる。

2.妥当である。


3.妥当でない。

賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。

4.妥当でない。

地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる(民法第283条)。A自らが通路を開設していなければ、時効取得の要件を満たさない。


5.妥当でない。

Cは「背信的悪意者」ではありません。
判例です。(最判平成10年2月13日)

通行地役権の承役地が譲渡された場合において、譲渡の時に、右承役地が要役地の所有者によって継続的に通路として使用されていることがその位置、形状、構造等の物理的状況から客観的に明らかであり、かつ、譲受人がそのことを認識していたか又は認識することが可能であったときは、譲受人は、通行地役権が設定されていることを知らなかったとしても、特段の事情がない限り、地役権設定登記の欠缺を主張するについて正当な利益を有する第三者に当たらない。


■利用価値が高まる甲地を「要役地」、利用される乙地を「承役地」と言います。



宅建試験で出題されそうな問題です。一度は解いておきたい問題です。

******************************************************


ASUS ノートパソコン R206SA / Windows 10 / 11.6インチ/ Celeron N3050 / 2G / HDD 500GB / ダークブルー/ R206SA-FD0001T

新品価格
¥24,980から
(2017/3/25 16:33時点)


この記事へのトラックバック