行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 民法 第三者とは

<<   作成日時 : 2018/01/06 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0





こんばんは。かのんです。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今日、ある店内で外を見てますと猫が歩いてきて、入口付近に座り込みました。それに気付いた店主がドアを開けますと、のそのそと入ってきて、ストーブの前にあるソファーに座り込みました。

寒いからそこが定位置とのことです。人でいうと「おばあちゃん」とのことでした。
少し触らせてもらいましたが大人しい猫でした。寒さは本格的になってきましたが散歩をかかさないこの猫に感心しました。


今日の問題です。

次の【設問】を読み、【答え】の中の〔 〕に適切な文章を40字程度で記述して、設問に関する解答を完成させなさい。

【設問】
  XはA所有の甲建物を購入したが未だ移転登記は行っていない。現在甲建物にはAからこの建物を借り受けたYが居住しているが、A・Y間の賃貸借契約は既に解除されている。XはYに対して建物の明け渡しを求めることができるか。

【答え】
  XはYに対して登記なくして自らが所有者であることを主張し、明け渡しを求めることができる。民法177条の規定によれば「不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。」とあるところ、判例によれば、同規定中の〔 〕をいうものと解されている。ところが本件事案では、Yについて、これに該当するとは認められないからである。


___________________________

ぺんてる マークシートシャープペン B 消しゴム 替芯セット AMZ-AM113B-SET

新品価格
¥540から
(2018/1/6 20:58時点)





正解例 「第三者とは、当事者もしくは包括承継人以外で、かつ登記の欠缺を主張する正当な利益を有する者 」(44 字)

民法第177条における第三者の定義とは何かが問われています。


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◇おすすめサイト
-------------------
らでぃっしゅぼーやのおためしセット
-------------------



-------------------
[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
-------------------





行政書士ランキング


宅地建物取引主任者ランキング
民法 第三者とは 行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる