再調査 行政不服審査法

コレステロールが高めの方に






こんにちは。かのんです。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、日経平均株価が急落しています。

9日の平均株価の終値は前日比508円24銭安の2万1382円62銭で、約4カ月ぶりの安値水準となりました。

ダウ平均は米長期金利が一時2.884%まで上昇したことが嫌気され、取引終了にかけて売りが売りを呼ぶ展開となった。下げ幅は一時1044.12ドルに達しました。

ダウ平均が安定するまで、日経平均も不安定な状況が続くと思われます。
ただ、市場環境は良好なので今こそ、「買い」のタイミングなのではないでしょうか。
大きな利益を得られると私は思っています。
とりあえず、ここ最近、駆け足で株価が上昇していましたし、ちょうど良い調整になるでしょう。


私はコーヒーが好きで、気になっているのがネスカフェ ドルチェ グスト/ネスレ
です。
コーヒー好きな方にお勧めです。

ネスカフェ ドルチェ グスト

専用カプセル定期お届け便は、「マシンが無料のカプセル定期便」。
コーヒーマシンが無料でもらえ、14種類以上のカフェメニューを、1台で楽しむことができます。
カプセルの料金だけでOK!

マシンの料金 0円
カプセルの送料 0円 ※毎回無料

さらにカプセル料金は通常価格の10%OFF!





***********************************

さて、今日は行政不服審査法からの問題です。

問)行政不服審査法における再調査の請求について、妥当な記述はどれか。

1. 行政庁の処分につき、処分庁以外の行政庁に対して審査請求をすることができる場合、処分庁に再調査の請求をすることは認められない。

2. 行政庁の処分に不服のある場合のほか、法令に基づく処分についての申請について不作為がある場合にも、再調査の請求が認められる。

3. 再調査の請求においても、原則として、その審理は審理員によってなされなければならないが、行政不服審査会等への諮問は要しない。

4. 再調査の請求において、請求人または参加人の申立てがあった場合には、それが困難であると認められないかぎり、口頭で意見を述べる機会を与えなければならない。

5. 再調査の請求がなされた場合、処分庁は、職権で、処分の効力、執行または手続の続行を停止することができるが、これらを請求人が申し立てることはできない。


I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

新品価格
¥6,979から
(2018/2/10 15:14時点)




***********************************

解)4

1.×
行政庁の処分につき処分庁以外の行政庁に対して審査請求をすることができる場合でも、法律に再調査の請求をすることができる旨の定めがあるときは、当該処分に不服がある者は、処分庁に対して再調査の請求をすることができる。

2.×
法令に基づき行政庁に対して処分についての申請をした者は、当該申請から相当の期間を経過したにもかかわらず、行政庁の不作為がある場合には、当該不作為についての審査請求をすることができる。不作為に関しては、再調査の請求をすることはできない。


3.×
再調査の請求において、審理員の規定、行政不服審査会への諮問については準用されていない。

4.〇
再調査においては、申立人の所在その他の事情により当該意見を述べる機会を与えることが困難であると認められる場合でない限り、再調査を受理した行政庁は、申立てをした者に口頭で再調査請求に係る事件に関する意見を述べる機会を与えなければならない。

5.×
処分庁は、再調査請求人の申立てにより又は職権で、処分の効力、処分の執行又は手続の続行の全部又は一部の停止その他の措置をとることができる。

2018年版 挫折知らず! コンパクト行政書士の問題集All-in-One

新品価格
¥2,808から
(2018/2/3 14:33時点)




皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック