行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 会社法 *まくら

<<   作成日時 : 2018/02/17 12:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




【超簡単】ブログ感覚で手軽にお店のホームページ作成「グーペ」


こんにちは。かのんです。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

日経平均株価の方は、予想通り回復しつつあります。
一気に上がるのもよろしくないので、緩やかに回復していってる感じが良いと思います。
まあ、買うなら今かもしれません。

私は、日常的に肩こりがあるので「まくら」を探していて良いものを見つけました。
ショップジャパンで販売されています。





睡眠時・寝起きの肩・首の痛みの原因は“まくら”が大きな要因を占めているそうです。
これで肩こりを改善したいと思います。


***********************************

さて、本日は会社法からの問題です。

問)種類株式発行会社ではない取締役会設置会社で、複数の監査役が選任されている監査役設置会社の監査役の選任および解任に関する次の記述のうち、会社法の規定に照らし、誤っているものはどれか。なお、定款には別段の定めがないものとする。

1. 監査役を選任するには、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が株主総会に出席し、出席した当該株主の議決権の過半数の決議をもって行わなければならない。

2. 代表取締役が監査役の選任に関する議案を株主総会に提出するには、監査役全員の同意を得なければならない。

3. 監査役は、取締役に対して、監査役の選任を株主総会の目的とすること、または監査役の選任に関する議案を株主総会に提出することを請求することができる。

4. 監査役を解任するには、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が株主総会に出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数の決議をもって行わなければならない。

5. 監査役は、株主総会に当該監査役の解任議案が提出された場合のほか、他の監査役の解任議案が提出された場合も、株主総会において、当該解任について意見を述べることができる。


***********************************





解)

2.誤り。

条文によると、取締役は、監査役がある場合において、監査役の選任に関する議案を株主総会に提出するには、監査役(監査役が2人以上ある場合にあっては、その過半数)の同意を得なければならないとされている(会社法第343条1項)。全員の同意ではなく、過半数の同意でよいのである。



皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村


資格(行政書士) ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◇おすすめサイト
-------------------
らでぃっしゅぼーやのおためしセット
-------------------



-------------------
[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
-------------------





行政書士ランキング


宅地建物取引主任者ランキング
会社法 *まくら 行政書士試験ブログ なりたい! 行政書士への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる