取消訴訟 出訴期間

行政書士 合格講座 速修生!今から始めて6ヶ月で合格






こんにちは。かのんです。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

昨晩、帰宅すると玄関前に虫がひっくり返って足を動かしていました。
よく見ると小さなクワガタです。

すぐに思ったのが妻に見せるとビックリするだろうなと。虫は基本、苦手です。
ただ、子供たちは去年、すごく喜んでくれたので、家の中に持っていくことにしました。

予想的中で子供たちはすごく喜びました。
とりあえず、去年買ったカゴと餌、そしてマットを敷き中に入れると餌を食べてました。

画像



*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*


では、本日の問題です。行政事件訴訟法 取消訴訟。


問)取消訴訟と審査請求の関係についての次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1. 個別法が裁決主義を採用している場合においては、元の処分に対する取消訴訟は提起できず、裁決取消訴訟のみが提起でき、元の処分の違法についても、そこで主張すべきこととなる。

2. 行政事件訴訟法は原処分主義を採用しているため、審査請求に対する棄却裁決を受けた場合には、元の処分に対して取消訴訟を提起して争うべきこととなり、裁決に対して取消訴訟を提起することは許されない。

3. 審査請求ができる処分については、それについての裁決を経ることなく取消訴訟を提起することはできないとするのが行政事件訴訟法上の原則であるが、審査請求から3か月を経過しても裁決がなされないときは、裁決を経ることなく取消訴訟を提起できる。

4. 審査請求の前置が処分取消訴訟の要件とされている場合には、その審査請求は適法なものでなければならないが、審査庁が誤って不適法として却下したときは、却下裁決に対する取消訴訟を提起すべきこととなる。

5. 審査請求の前置が処分取消訴訟の要件とされている場合には、その出訴期間も審査請求の裁決の時点を基準として判断されることとなるが、それ以外の場合に審査請求をしても、処分取消訴訟の出訴期間は処分の時点を基準として判断されることとなる。


合格革命 行政書士 基本テキスト 2018年度 (合格革命 行政書士シリーズ)

新品価格
¥3,240から
(2018/5/5 07:02時点)





*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

1.〇

取消訴訟においては、原則として原処分主義を採用しており、処分の取消しの訴えとその処分についての審査請求を棄却した裁決の取消しの訴えとを提起することができる場合には、裁決の取消の訴えにおいては、処分の違法を理由として取消しを求めることができず、裁決の手続上の違法やその他裁決固有の違法のみしか主張することができない(行政事件訴訟法第10条2項)。
一方、個別法で裁決主義を採っているときは、裁決取消訴訟のみが提起でき、元の処分についても裁決取消訴訟で争うことになる。

2.×

原処分主義を採用しているからといって、裁決の取消訴訟の提起が許されなくなるわけではないため、裁決に対して取消訴訟を提起することは許される。


3.×

行政事件訴訟は、自由選択主義を採用しており、原則として処分について不服がある場合に、審査請求をするか、審査請求を経ずに行政事件訴訟を提起するか、両者を同時にするかは、当事者の自由な選択に委ねられており、不服審査前置主義は、法律に定めがある場合にのみ認められる例外的なものである(行政事件訴訟法第8条1項)。
なお、本肢後半の「審査請求から3か月を経過しても裁決がなされないときは、裁決を経ることなく取消訴訟を提起できる。」という点は、審査請求前置主義の場合も、自由選択主義により審査請求した場合も、妥当する。

4.×

審査庁が誤って不適法に却下裁決をしたときは、審査請求前置の裁決を経たことになり、直ちに訴訟を提起できる。

5.×

審査請求前置主義を採っている場合、自由選択主義により審査請求した場合でも、審査請求の裁決がされていれば、処分取消訴訟の出訴期間は、裁決を基準として出訴期間を算定する(行政事件訴訟法第14条3項)。


【出訴期間】
行政事件訴訟法によると、取消し訴訟の出訴期間は、処分または裁決があったことを知った日から 6ヵ月以内(主観的出訴期間)である(14条1項)。
なお、処分または裁決のあったことを知らなくても,正当な理由があれば、処分または裁決の日から 1年以内に取消し訴訟を提起できる(14条2項)。


LOGICOOL ワイヤレスマウス ダークシルバー M325tDS

新品価格
¥1,406から
(2018/8/4 02:22時点)




トップページへ戻る


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


にほんブログ村


行政書士ランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック