取消訴訟 台風24号注意

LECオンラインショップ(E学習センター)






こんばんは。かのんです。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

台風24号が本州に接近しています。

予報では30日に非常に強い勢力を保ったまま西日本に接近・上陸する恐れがあります。気象庁によると、10月1日にかけて本州を縦断するとみられ、紀伊半島から東日本の太平洋側で記録的な暴風となる恐れがあるとのこと。

皆さんも十分にお気をつけください。

不要不急の活動は避け、台風が近づくまでに早めの対策を心掛けましょう。

155Whポータブル電源 家庭用蓄電池 42000mAh 予備電源 AC100W DC USB出力 持ち運び便利 地震 災害 停電時に 電源確保 車中泊 キャンプに 12ヶ月保証

新品価格
¥17,330から
(2018/9/30 02:55時点)





問)処分取消訴訟に関する次の文章の空欄[ ア ]~[ エ ]に当てはまる語句を、枠内の選択肢(1~20)から選びなさい。

処分取消訴訟を提起しても、そもそも、訴えそれ自体が訴訟要件を満たす適法なものでなければならないことはいうまでもない。しかし、訴えが仮に適法なものであったとしても、自己の法律上の利益に関係のない違法を理由に取消しを求めることはできないから、そのような違法事由しか主張していない訴えについては、[ ア ]が下されることになり、結局、原告敗訴ということになる。さらに、処分が違法であっても、これを取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合においては、一定の条件の下、[ ア ]がなされることがある。このような判決のことを、[ イ ]というが、この場合、当該判決の主文において、当該処分が違法であることを宣言しなければならない。このような違法の宣言は、判決主文において行われることから、その判断には[ ウ ]が生ずる。
取消判決がなされると、当該処分の効果は、当然否定されることになるが、その他にも取消判決の効力はいくつか挙げられる。例えば、申請の拒否処分が取り消された場合、当該拒否処分を行った行政庁は、判決の趣旨に従い、改めて申請に対する処分をしなければならない。このような効力を[ エ ]という。

1.棄却判決   2.公定力   3.拘束力   4.却下判決   5.義務付け判決   6.自力執行力   7.事情判決   8.差止判決   9.遡及効   10.無効確認判決   11.既判力   12.確認判決   13.中間判決   14.不可変更力   15.規律力   16.違法確認判決   17.認容判決   18.不可争力   19.対世効   20.将来効


本気で学ぶLECで合格るDS行政書士

新品価格
¥7,200から
(2018/9/30 03:04時点)





解答

ア.棄却判決

却下判決と悩むところですが、訴えが不適法であるとして請求内容についての判断に立ち入らないのが却下判決です。空欄[ア]の前には、「訴えが仮に適法なものであったとしても」とあるため、空欄[ア]には「棄却判決」が入るのが分かります。


イ.事情判決

事情判決とは、処分又は裁決が違法ではあるが、これを取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合において、原告の受ける損害の程度、その損害の賠償又は防止の程度及び方法その他一切の事情を考慮したうえ、処分又は裁決を取り消すことが公共の福祉に適合しないと認めるときに請求を棄却する判決です。


ウ.既判力

既判力とは、当事者は後の裁判で同じ事を争うことができず、別の裁判所も前の裁判の判断内容に拘束されるという効力のことです。


エ.拘束力

取消訴訟判決の拘束力の規定として、行政事件訴訟法第32条2項では「申請を却下し若しくは棄却した処分又は審査請求を却下し若しくは棄却した裁決が判決により取り消されたときは、その処分又は裁決をした行政庁は、判決の趣旨に従い、改めて申請に対する処分又は審査請求に対する裁決をしなければならない。」と定めています。

生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】






トップページへ戻る


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


にほんブログ村


行政書士ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック