不法行為 記述式問題







2017年度の合格率は全国平均の2.72倍!短期間で行政書士に合格できる話題の勉強法とは?


こんばんは。かのんです。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、世界的に株安が進んでいます。激しさを増す米中貿易摩擦の影響が、アメリカなどの企業業績に実際に表れ始めているという見方が広がったことに加え、サウジアラビア情勢やイタリアの財政問題などへの懸念が続いているためです。
来週さらに下がるのではないかと思っています。





はじめての方でも安心
業界唯一!キャンセル無料
【おたより本舗の年賀状】




今日は、記述式問題です。

問)不法行為による損害賠償請求権は、被害者またはその法定代理人が、いつの時点から何年間行使しないときに消滅するかについて、民法が規定する2つの場合を、40字程度で記述しなさい。


正解例)
損害および加害者を知った時から3年間、または不法行為の時から20年間行使しないとき。(42字)


不法行為による損害賠償請求権の期間の制限の問題です。民法第724条、「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。」と規定されています。






生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】



トップページへ戻る


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


にほんブログ村


行政書士ランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック