行政事件訴訟法第10条

こんばんは。かのんです。
寒くなってきました。そして、少し眠くなってきましたが、六法を読んでおりました。
いつ読んでも興味深いことが書かれていて面白いです。

受験勉強時代は色んなテキストや問題集を揃えましたが、結局、消化不良でもったいないことをしました。多くの書物は必要なくて絞ることが大切だったと結果的に感じております。
結局のところ、新品同様な書物はブックオフオンラインで引き取ってもらいました。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】


さて、
行政事件訴訟法10条からの穴埋め問題です。
[ア]~[エ]

1 取消訴訟においては、自己の[ア]に関係のない違法を理由として取消しを求めることができない

2 [イ]の取消しの訴えとその処分についての審査請求を棄却した[ウ]の取消しの訴えとを提起することができる場合には、[ウ]の取消しの訴えにおいては[エ]を理由として取消しを求めることができない


解)
ア 法律上の利益
イ 処分
ウ 裁決
エ 処分の違法


私がお世話になった。通信教育のフォーサイトです。テキストも見やすく初学者だった私でも大丈夫でした。お勧めします。
資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト


皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


にほんブログ村


行政書士ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント