債権等の消滅時効





こんにちは。かのんです。

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。


新型コロナウイルスの感染拡大は止まっていません。皆様もお気を付けください。

手洗い、マスク着用等の感染対策に注意していきましょう。


早く、終息し、元の生活に戻れることを願ってやみません。


消滅時効の完成について原則的なルールが変更されています


改正民法166条(債権等の消滅時効)

1 債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。  

一 債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき。  

二 権利を行使することができる時から10年間行使しないとき。


2 債権又は所有権以外の財産権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは、時効によって消滅する。


改正前民法においては「債権」についての消滅時効期間は、原則として10年とされていました。

これは債権を持つ「債権者」が権利について知っていても知らなくても10年で時効が完成する、ということです。

改正民法においてもこの原則は据え置きですが、「債権者が権利を行使できることを知った時から5年間」という形で、より短い時効期間も加えられました。

そのため、権利を主張できることを知っていたけれど放置してしまった、という場合には半分の5年間で時効にかかりますので注意が必要です。






皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント