両さん金のひと言 行政手続法




こんにちは、かのんです。
今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

コロナウイルスはようやく衰えの兆しを見せています。でも油断禁物です。引き続き、感染対策を徹底していきましょう。

最近、夏のように暑い日が続きます。今年の夏が怖いです。

暗い話ばかりで、申し訳ないです。

ところで最近気になっているのが

『WONDA』×こち亀」キャンペーン
キャンペーン自体も気になりますが、何よりも缶コーヒーに「両さん金のひと言」というのがありまして、励みになっています。

毎日飲んでいます。ちなみに今日は

「テクノロジーを悪用すれば犯罪になるし正しく使えば感謝されるのだ」

その通り!!といった感じです。良いこと言っています。
私も両さんみたいなオーラを発してみたいです。

問)行政手続法に関する次のア~オの記述のうち、正しいものはどれか。

ア.行政指導指針は、行政機関がこれを定めたときは、行政上特別の支障がない限り、公表しなければならない。

イ.申請に対する処分が標準処理期間内に行われない場合には、そのことを理由として直ちに、不作為の違法確認の訴えにおいて、その請求が認容される。

ウ.行政庁が、処分基準を定めたときは、行政上特別の支障があるときを除き、法令により申請の提出先とされている機関の事務所における備付けその他の適当な方法により公にしておかなければならない。

エ.申請により求められた許認可等を拒否する場合において、申請者に対する理由の提示が必要とされるのは、申請を全部拒否するときに限られ、一部拒否のときはその限りでない。

オ.法律に基づく命令、審査基準、処分基準および行政指導指針を定める場合、公益上、緊急に定める必要がある場合など行政手続法が定める例外を除いて、意見公募手続をとらなければならない。

解)アとオ




皆様の応援(クリック)、よろしくお願いします。
     ↓ ↓ ↓ 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント